「飾り棚の飾り方」

出典:「Downton Abbey」 Season5 #6

白い小ぶりなウォールシェルフ。

食器類や、いろいろな箱が並べられている。

装飾のない簡素な箱は、当時の商品パッケージかもしれない。おそらく細々とした日用品が入っているのだろう。

 

なんでもない商品の箱でも、美術品を飾るような気を使った並べ方が美しい。

大きめの箱は中央に置かれ、その両脇に小さい箱がシンメトリーに置かれている。

箱と箱の間は同じくらいに隙間が空けられている。

 

忙しい毎日を送っていると、そんなことまで気を使っていられないかもしれないが、こうやってきれいにモノを並べるくらいの気持ちの余裕はなるべく持っていたい。

 

(舞台設定:1920年代・イギリス)