「ベッドの下にラグを敷く。」

ベッドの下にラグを敷く。

出典:「マダムフローレンス」

ベッドの下にラグを敷くと、特別な空間という感じする。

ベッドは、睡眠やプライベートな行為の場所。ラグを敷くと、自分だけのために仕切られた聖域のような雰囲気が生まれる。

 

また、ワンルームで、ダイニングテーブルやデスクなどと同じ空間にベッドをおかなければいけない場合、ラグを敷くことで、「ここは寝るスペース」という空間の区分を作ることができる。

寝る、食べる、仕事するなど、行動別に空間が区切られていると、その空間の機能がはっきりしてインテリアもまとまりやすくなる。

 

朝起きてベッドから降りる時、最初に足が触れるところ。

気持ちのいいラグマットが敷いてあったら、気持ちのいい1日が始まりそうな気がする。